[専業主婦と健康]市区町村の健康診断

ここでは、[専業主婦と健康]市区町村の健康診断 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
市区町村の健康診断

2008年度から、医療保険者(市町村など)に、
40歳以上75歳未満の全国民を対象に、健診・保健指導の実施が
義務付けられる方針(厚労省)です。

けれど、その診断内容や金額は市区町村によって様々なのが現状。

例えば東京都杉並区の場合は30歳以上の区民なら
無料で健康診断を受けられます(区民健康診査)。
実施時期は誕生日月から2ヶ月以内。
手続き方法は、誕生日月の2ヶ月前から指定内容を
はがきに記入し送付すると自宅に受診票が届きます。
その後、誕生日月の2ヶ月以内なら区の指定の病院のどこで検診してもOKです。
検診結果は、自分で病院に聞きに行くことになります。

【検診内容】
■基本健診
○問診
○身体測定
○(聴打診)
○血圧測定
○検尿
○血液検査(肝機能・腎機能・コレステロール・貧血・血糖・尿酸等)
◆医師の判断により実施する項目(希望制ではありません)
○心電図・眼底検査(内科の精密検診として実施するものです)

これすべてがタダ。
40歳以上であればもっと詳しい検査をプラス700円で実施。
さすが区民は違いますね・・・。


しかし、埼玉県某市の
同じ30歳以上の場合の健康診断の内容は

■基本健診
○身体測定
○血圧測定
○検尿

これだけです。
しかもこの内容で、国保の人が1,500円。社保の人が3,000円。
タダじゃありません。
40歳以上になれば他の検診も受けられますが、
一項目ごとに別途お金がかかります。
検査期間も市の指定された日にいかないといけません。


地域によってだいぶ待遇が違いますね・・・。
ご自分の市区町村がどのような健康診断を実施しているかは
ホームページで調べてみるのが一番早いですね。


デメカル血液検査キット


どこでもで手軽に健康診断ができる、デメカルの検査キット。
コスト面や手軽さから、さまざまなニーズに対応しています。

・東京電力、大洋セメント、ニチバンなど、
 健康保険組合での主婦検診、フォローアップ。
・中小企業での主婦向け在宅検診、フォローアップ。

その他、自治体や健診関連の健康センター、ドラッグストアー、
スポーツクラブなどでも取り入れられています。
2006年6月に医療制度改革において糖尿病その他の政令で定める
生活習慣病に関する健康診査を保険者が実施することが義務づけられました。
2008年には完全義務化になります。
在宅健診「デメカル」の導入により健診未受診者対策ができます。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sengyousyufuportal.blog36.fc2.com/tb.php/10-3af6d140
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ダイエットにストレスは大敵です。ストレスを感じたとき、甘いものが食べたくなりますね?甘いものを食べるとオピオイドが分泌されストレスを緩和してくれるのです。このオピオイドによって食欲が増進され、ダイエットの敵、肥満につながるのです。さらに脂っこいも...
2008/01/06(日) 15:16:46 | 懸賞の紹介と懸賞プログラムでの小遣い稼ぎ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。