[専業主婦と健康]社会保険の健康診断-政府管掌健康保険

ここでは、[専業主婦と健康]社会保険の健康診断-政府管掌健康保険 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
社会保険による健康診断-政府管掌健康保険

健康保険には3種類あるのをご存知ですか?
どれも医療費の自己負担割合などの基本的な給付は同じですが、
メリット、デメリットはあります。


【政府管掌健康保険とは】

中小企業など、自分の会社で健康保険組合をもっていないところが加入する、
政府が直接管掌(運営)する健康保険です。
運営は社会保険庁が行っており、適用事務、保険料の徴収、保険給付事務などは
社会保険庁の窓口機関である地方社会保険事務局や社会保険事務所で行っています。
(健康保険証の発行元には、○○社会保険事務所、などとなっています)
政府管掌健康保険の保険料率は標準報酬月額と標準賞与額の8.2%。


【政府管掌健康保険の健康診断】

社会保険協会などが運営する健診センターで
比較的安く健康診断を行うことが出来ます。

実は私のだんな様はこの政府管掌健康保険なのですが、
だんな様の会社の本社は大阪、だんな様は東京支店なのです。
政府管掌健康保険の発行元は大阪社会保険事務所で、
私が直接、だんな様の健康診断のことを相談したのですが、
東京のことはよくわからないと言われてしまったんです!(ひどいでしょ?)
なので私が自分で東京の健診センターを調べて、
だんな様の健康診断を手配したのです。

健診センターを調べると、保険証の種類と費用が出ています。
政府管掌健康保険をもつだんな様の奥様は40歳から検査できます。
人間ドッグに比べると格段にお安いです。
市区町村の健康診断とどちらがいいか比べてみてください。


デメカル血液検査キット


どこでもで手軽に健康診断ができる、デメカルの検査キット。
コスト面や手軽さから、さまざまなニーズに対応しています。

・東京電力、大洋セメント、ニチバンなど、
 健康保険組合での主婦検診、フォローアップ。
・中小企業での主婦向け在宅検診、フォローアップ。

その他、自治体や健診関連の健康センター、ドラッグストアー、
スポーツクラブなどでも取り入れられています。
2006年6月に医療制度改革において糖尿病その他の政令で定める
生活習慣病に関する健康診査を保険者が実施することが義務づけられました。
2008年には完全義務化になります。
在宅健診「デメカル」の導入により健診未受診者対策ができます。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sengyousyufuportal.blog36.fc2.com/tb.php/13-43c8d7c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
社会保険健康診断での検索結果をマッシュアップして最新ブログからの口コミや評判、ショッピング情報をまとめています
2007/12/02(日) 05:57:57 | ブログの口コミ、評判、いい商品!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。