[専業主婦と住宅ローン]住宅ローンの頭金を専業主婦が出す場合

ここでは、[専業主婦と住宅ローン]住宅ローンの頭金を専業主婦が出す場合 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マイホームを購入する時、全額を住宅ローンにする人もいるかもしれませんが、
だいたいの家庭が「頭金」を出すことになると思います。
その頭金が夫婦で貯金したものであれば何の問題もありませんが、
もしそのお金が親からの援助の場合、登記に注意が必要になります。
収入のない専業主婦でも、妻の親から援助してもらった頭金部分は
登記上、妻名義にする必要があります。
もし妻が頭金を出しているのに名義をすべて夫の単独にしてしまうと
妻から夫への贈与税がかかってしまうので注意しなければなりません。
頭金以外の住宅ローンをすべて夫が払っていたとしても、
最低でも頭金分は妻名義にしなければならないので
登記は必然的に『共有名義』ということになります。


【共有名義とは】


家の所有権を夫婦など複数で持つこと。
頭金やローンの一部を出資すれば住宅の共有者となり、
登記簿に氏名と持ち分を明記することになります。


【共有名義の特性】

1.片方の所有者に無断で売買することなどもできないので、
 夫婦間で夫が妻に無断で売却するなどのトラブルを防げる。

2.住宅ローン控除が、所有者それぞれについて受けられるため、
 結果的に控除額が多くなる場合がある。

※住宅ローン控除について
 これは共有名義にしているだけでは意味がありません。
 住宅ローン控除は住宅ローンを本人が組んでなければ意味がないので
 頭金を出しているだけで、残りをすべて夫が単独で住宅ローンを組んでいる場合は
 もちろん住宅ローン控除は受けられません。
 どちらにせよ、収入のない専業主婦には関係ないのですが、
 参考までに。

   
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sengyousyufuportal.blog36.fc2.com/tb.php/15-571724aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。