[専業主婦と住宅ローン]連帯保証人と連帯債務者の違い

ここでは、[専業主婦と住宅ローン]連帯保証人と連帯債務者の違い に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【連帯保証人とは】

保証人には「保証人」と「連帯保証人」の2種類あります。
このうち、住宅ローンの保証人は「連帯保証人」と
されるのが一般的です。
債務者がローンを払わない時に、金融機関はこの
連帯保証人に対して請求する事になりますが、
債務者に請求しなくても、連帯保証人に直接請求することも可能です。
連帯保証人になるためには、だれでもいいわけではなく
一定の資力があるなど、条件が必要です。
というのが建前で、実際のところは専業主婦でも連帯保証人になれます。
専業主婦で収入がなかろうと連帯保証人にならないと住宅ローンが
組めない銀行も中にはありますね。
今の住宅ローンなら、機関保証(○○保証(株)などという
名前の保証会社が保証すること)がほとんどで、
これに払うお金がいわゆる「保証料」となります。
保証料はローン金額によって違いますが、通常40万円~程度かかります。
※民間ローンの場合には連帯保証人を求めるとこがほとんどです。
※【フラット35】では連帯保証人は不要です。


【連帯債務者とは】


簡単に言えば、ローン全額を共同して支払う義務を
負った債務者ということです。
通常住宅ローンの連帯債務者としては二人のみ
認めているケースが多いと思います。
金融機関はどちらに請求しても良い事になっています。
便宜上はどちらか一方の名義の通帳等から返済をする形式に
なっていると思われますが、あくまでも二人の借入金です。
※住宅金融公庫で収入合算でローンを組む場合には
連帯債務者になります。


【住宅ローン控除と連帯保証人】

連帯保証人を求めるのは民間ローンです。
民間ローンでは、夫婦で収入合算してローンを組んだ場合、
夫が債務者、妻が連帯保証人となります。
住宅ローン控除の対象となるのはあくまで「債務者」に限られますから
連帯保証人には住宅ローン控除の対象外になります。
連帯責任としてローンの責任はありますが、控除は受けられません。
では、民間ローンで連帯債務者になることは出来るのか。
基本的には出来ません。
例外もあるかもしれませんので、金融機関にご確認ください。


【住宅ローン控除と連帯債務者】

住宅金融公庫では夫婦で収入合算してローンを組んだ場合、
夫も妻も連帯債務者になります。
つまり、夫婦とも住宅ローンの債務者になるわけですから
住宅ローン控除の対象になります。
※【フラット35】も連帯債務者となります。

しかし、収入のない専業主婦には控除すべきものがないので
権利はあってもお金は戻りませんけどね。

  
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sengyousyufuportal.blog36.fc2.com/tb.php/17-96edbf8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。