[専業主婦と住宅ローン]通常の贈与税は110万まで非課税。

ここでは、 [専業主婦と住宅ローン]通常の贈与税は110万まで非課税。 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
専業主婦で収入がなくても、住宅ローンを親からの援助金で
頭金に充てようという人も多いはず。
そんな人が気になるのが「贈与税」のこと。
今まで贈与税に関して全く関係がなかった人にとっては
全くどんな制度なのかもわからないもの。
そこで贈与税とはどんなものなのかを説明します。


【贈与税とは】

 贈与税とは、個人から現金や不動産など価値のあるものを
 もらった時にかかる税金です。
 現金、預貯金、 有価証券、土地、家屋、貸付金、営業権など
 金銭に見積もることができる経済的価値のあるものすべてが
 含まれます。


【贈与ではあるが非課税なものとは】


 扶養義務者からもらう生活費や教育費、その他香典、歳暮、
 お見舞いなど社会通念上相当と認められるものは贈与税が
 かかりません。
 学生の頃の学費などにお金がかからないのは養育費だからですね。


【通常の非課税額(基礎控除額)】


 毎年、年間110万円までが非課税。

 ちなみにこれは国税庁のHP(タックスアンサー)に載っていた
 ものですが、

 Q 毎年、子に100万円ずつ10年間にわたって贈与することと
   しましたが、1年間では基礎控除額である110万円以下となるため、
   贈与税の申告納税は不要ですか。

 A 1年ごとに贈与を受けると考えるのではなく、
   契約をした年分に、有期定期金に関する権利
  (10年間にわたり毎年100万円ずつの給付を受ける権利)の
   贈与を受けたものとして贈与税の申告が必要となります。

 これは私も勘違いしていました。
 年をまたげば220万まで非課税だろうと思っていたのですが・・・。

 しかし実際のところはどうなのでしょうね。
 これだけの不動産ブームのなか、たかだか数百万の贈与を
 税務署が指摘してくるものなのか・・・。
 とりあえず、数百万の贈与を指摘されたという話は聞いたことが
 無いのですが、あったら教えてください。

  
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sengyousyufuportal.blog36.fc2.com/tb.php/19-33862195
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。