[専業主婦と健康]郵送検診の流れ

ここでは、[専業主婦と健康]郵送検診の流れ に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
郵送検診とはどういった手順で行われる健康診断なのか。

郵送検診を申し込んでから結果が届くまでの流れをカンタンにご紹介します。
  
郵送検診は病気や症状ごとに、
それぞれ個別に申し込む方法が一般的です。
いくつかの検査をまとめて行うお得なセットもあります。

【申し込み】
申し込みは電話やファックス、インターネットなどからです。
申し込んでから約1 週間程度で封筒などに入った
検査のキットが自宅に届きます。
HIVや性病の検査などもあることから、
どこの郵送検診も非常にプライバシーに配慮したところが多いです。

【検査方法】
キットの中には、検査用器具、問診表、返信用の封筒、
検査の方法を示した説明書などが入っています。
指示された内容に従い、少量の血液や、尿、便、細胞などを採取します。
検査方法のやり方は、ウェブ上で動画が見れたり、
ビデオがついていたり、電話連絡があったりなど、
自分でやる不安をできるだけ無くすような内容になっています。

【検査結果】
それらを保存用の容器に入れ、郵送などで送り返し、
検査の結果を待ちます。
結果は、1~2週間で送られてきます。
中には検査結果が送られてくる前にメールやウェブ画面で
結果が確認できるところもあります。

【支払い】
代金引き換えや、銀行引き落とし、コンビニ払いなどさまざまです。


デメカル血液検査キット

どこでもで手軽に健康診断ができる、デメカルの検査キット。
コスト面や手軽さから、さまざまなニーズに対応しています。

・東京電力、大洋セメント、ニチバンなど、
 健康保険組合での主婦検診、フォローアップ。
・中小企業での主婦向け在宅検診、フォローアップ。

その他、自治体や健診関連の健康センター、ドラッグストアー、
スポーツクラブなどでも取り入れられています。
2006年6月に医療制度改革において糖尿病その他の政令で定める
生活習慣病に関する健康診査を保険者が実施することが義務づけられました。
2008年には完全義務化になります。
在宅健診「デメカル」の導入により健診未受診者対策ができます。

  
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sengyousyufuportal.blog36.fc2.com/tb.php/2-6c4465fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。