[共働きから専業主婦]退職後の手続き (4)失業保険をもらえない妻

ここでは、[共働きから専業主婦]退職後の手続き (4)失業保険をもらえない妻 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
退職後の手続き (4)失業保険をもらえない妻とは

失業保険をもらうには条件があります。
実は、退職した妻には失業保険をもらえない様々な理由があります。


1.夫の扶養に入っている人

夫の扶養に入るには年収が130万円以下でなければなりません。
妻の年収が130万円以下というのは、失業保険金も含まれます。
失業保険の日額が3612円以上の場合は、3612×30×12=130万円超となるために、
受給中は社会保険の扶養にはなれないのです。


2.退職後、しばらく働かずに専業主婦になる人

失業手当をもらえるのは、「失業の状態」にあることが前提ですので、
「働く意志のない人」や、「いつでも就職できる能力がない人」は
理論的には受給できないのです。


3.妊娠してすぐに働けない人

「現在妊娠していて、これから出産を控えている人
(30日以上職につくことが出来ない場合)」などは、
「受給期間の延長申請」をしておきましょう。
そうすれば、退職翌日から1年をすぎても、就職できるようになってから、
改めて手続きをして、失業手当を受給できるようになります。
延長できるのは、病気・ケガの治療や出産の場合は最長3年間です。
原則として、手続きは働けない期間が30日経過した日の翌日から
1ヶ月以内にしなければなりません。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sengyousyufuportal.blog36.fc2.com/tb.php/29-bf9f79b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。