[専業主婦と健康]卵巣がん-初期症状のないがんです

ここでは、[専業主婦と健康]卵巣がん-初期症状のないがんです に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女性特有のがんの中には、乳がん、子宮がん、卵巣がんがあります。
その中でも卵巣がんは初期症状が全くなく、
発見された時にはかなり進行していることが多いがんです。
日本人が卵巣がんにかかるリスクは、欧米人に比べると半分以下ですが、
生活環境の変化により、この差は縮まりつつあります。

卵巣がんは、発生する組織によって4種類に分けられます。

1)表層上皮性腫瘍
2)胚細胞腫瘍
3)性索間質性腫瘍
4)その他の腫瘍

表層上皮性腫瘍は卵巣の表層細胞から発生する悪性腫瘍で、
卵巣がんの90%を占めています。
卵巣がんの発症には、妊娠や出産が深く関係しているといわれています。
出産の回数が多ければ卵巣がんは発症しにくく、
出産を経験していない人は卵巣がんにかかる可能性が上がる、
と考えられているようです。
なぜかというと、卵巣がんで最も多い表層上皮性腫瘍の発生には、
排卵のときに卵巣上皮が壊れることと、
その修復が関係していると考えられているからです。
出産を経験していない人は排卵回数がその分多いので、
卵巣がんになりやすいといわれているのです。
また、自分の家系に卵巣がんの人がいる女性では、
卵巣がんの発生するリスクが高くなります。

卵巣がんの初期は症状はありません。
進行してくると、下腹部に腫瘤が触れたり、圧迫感、
膀胱の圧迫により尿が近くなったり、腹水がたまってウエストが太くなったり、
腹部が張った感じがすることもありますが、
症状が出てからの卵巣がんはかなり進行したがんだと言えます。

初期症状のない卵巣がんの早期発見のためには郵送検診が有効です。
なぜなら、産婦人科での卵巣がんの検査も血液検査だからです。
産婦人科にいって検査をわざわざ受けるのはちょっと・・・と
思っている人にも郵送検診は最適です。


デメカル血液検査キット





どこでもで手軽に健康診断ができる、デメカルの検査キット。
コスト面や手軽さから、さまざまなニーズに対応しています。

・東京電力、大洋セメント、ニチバンなど、
 健康保険組合での主婦検診、フォローアップ。
・中小企業での主婦向け在宅検診、フォローアップ。

その他、自治体や健診関連の健康センター、ドラッグストアー、
スポーツクラブなどでも取り入れられています。
2006年6月に医療制度改革において糖尿病その他の政令で定める
生活習慣病に関する健康診査を保険者が実施することが義務づけられました。
2008年には完全義務化になります。
在宅健診「デメカル」の導入により健診未受診者対策ができます。



  
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sengyousyufuportal.blog36.fc2.com/tb.php/8-7e208093
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。