健康

ここでは、健康 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
市区町村の健康診断

2008年度から、医療保険者(市町村など)に、
40歳以上75歳未満の全国民を対象に、健診・保健指導の実施が
義務付けられる方針(厚労省)です。

けれど、その診断内容や金額は市区町村によって様々なのが現状。

例えば東京都杉並区の場合は30歳以上の区民なら
無料で健康診断を受けられます(区民健康診査)。
実施時期は誕生日月から2ヶ月以内。
手続き方法は、誕生日月の2ヶ月前から指定内容を
はがきに記入し送付すると自宅に受診票が届きます。
その後、誕生日月の2ヶ月以内なら区の指定の病院のどこで検診してもOKです。
検診結果は、自分で病院に聞きに行くことになります。

【検診内容】
■基本健診
○問診
○身体測定
○(聴打診)
○血圧測定
○検尿
○血液検査(肝機能・腎機能・コレステロール・貧血・血糖・尿酸等)
◆医師の判断により実施する項目(希望制ではありません)
○心電図・眼底検査(内科の精密検診として実施するものです)

これすべてがタダ。
40歳以上であればもっと詳しい検査をプラス700円で実施。
さすが区民は違いますね・・・。


しかし、埼玉県某市の
同じ30歳以上の場合の健康診断の内容は

■基本健診
○身体測定
○血圧測定
○検尿

これだけです。
しかもこの内容で、国保の人が1,500円。社保の人が3,000円。
タダじゃありません。
40歳以上になれば他の検診も受けられますが、
一項目ごとに別途お金がかかります。
検査期間も市の指定された日にいかないといけません。


地域によってだいぶ待遇が違いますね・・・。
ご自分の市区町村がどのような健康診断を実施しているかは
ホームページで調べてみるのが一番早いですね。


デメカル血液検査キット


どこでもで手軽に健康診断ができる、デメカルの検査キット。
コスト面や手軽さから、さまざまなニーズに対応しています。

・東京電力、大洋セメント、ニチバンなど、
 健康保険組合での主婦検診、フォローアップ。
・中小企業での主婦向け在宅検診、フォローアップ。

その他、自治体や健診関連の健康センター、ドラッグストアー、
スポーツクラブなどでも取り入れられています。
2006年6月に医療制度改革において糖尿病その他の政令で定める
生活習慣病に関する健康診査を保険者が実施することが義務づけられました。
2008年には完全義務化になります。
在宅健診「デメカル」の導入により健診未受診者対策ができます。


性感染症の中で最も多い、クラミジア。
クラミジアは潜伏期間中は
自覚症状が少ないため早期発見が大事です。


【クラミジアとは】

目の病気であるトラコーマと同じ種類の
微生物が原因で起こる病気です。
感染は殆どが性交により起こりますが、
口唇を使ってのオーラルセックスでも感染します。
オーラル・セックスからだけで尿道炎になった男性が、
最近かなり医師を訪れるようになっています。


【男性の場合の症状】

性交渉後1-4週間で,尿道が赤くなるなど尿道炎の症状が
起きることがあります。
その他、排尿時に尿がわずかにしみたり、
濃い分泌物が少し出る程度のことが多いのです。
ただ、放置すると菌が消えないため、いつまでもパートナーヘの
感染源として菌をばらまくばかりか、
自分の中でも尿道炎から、さらに体の中に入って
副睾丸炎や慢性前立腺炎などをおこすようになります。


【女性の場合の症状】

約3日~1週間ほどの潜伏期間のあと、
粘液状のおりものが増え、下腹痛や不正出血、
まれに右上腹部痛をともなうこともありますが、
感染者の約8割は自覚症状がありません。
放置しておくと菌が消えないため、いつまでもパートナーヘの
感染源として菌をばらまくばかりか、
卵管炎や 骨盤内感染症を起こして不妊症や子宮外妊娠に
つながる可能性があります。
また、感染したまま妊娠すると、分娩時に新生児に感染して
結膜炎や肺炎を起こす危険があります。
8割の女性が自覚症状がない、ということから、
圧倒的に女性からの感染の多い病気です。
そして若い女性の感染も、最近目立って来ています。


クラミジアのもっとも恐ろしいことは、
性器クラミジア感染症にかかっていると、無症状のエイズに、
3倍も 4倍もかかり易くなるということです。
クラミジア自体は症状も軽く、または全く症状がないため
軽く扱われがちです。
症状がない場合には、検査をするまで自分が感染しているか
知る術はありません。

病院に行って検査するのは恥ずかしい、という場合には
秘密厳守の郵送検診はとても有効です。
検査自体も尿検査ですので、簡単にできます。
ほっておくとエイズになる可能性もあるクラミジアです。
ぜひ一度検査を検査をしてみてください。
  

デメカル血液検査キット





どこでもで手軽に健康診断ができる、デメカルの検査キット。
コスト面や手軽さから、さまざまなニーズに対応しています。

・東京電力、大洋セメント、ニチバンなど、
 健康保険組合での主婦検診、フォローアップ。
・中小企業での主婦向け在宅検診、フォローアップ。

その他、自治体や健診関連の健康センター、ドラッグストアー、
スポーツクラブなどでも取り入れられています。
2006年6月に医療制度改革において糖尿病その他の政令で定める
生活習慣病に関する健康診査を保険者が実施することが義務づけられました。
2008年には完全義務化になります。
在宅健診「デメカル」の導入により健診未受診者対策ができます。



  
女性特有のがんの中には、乳がん、子宮がん、卵巣がんがあります。
その中でも卵巣がんは初期症状が全くなく、
発見された時にはかなり進行していることが多いがんです。
日本人が卵巣がんにかかるリスクは、欧米人に比べると半分以下ですが、
生活環境の変化により、この差は縮まりつつあります。

卵巣がんは、発生する組織によって4種類に分けられます。

1)表層上皮性腫瘍
2)胚細胞腫瘍
3)性索間質性腫瘍
4)その他の腫瘍

表層上皮性腫瘍は卵巣の表層細胞から発生する悪性腫瘍で、
卵巣がんの90%を占めています。
卵巣がんの発症には、妊娠や出産が深く関係しているといわれています。
出産の回数が多ければ卵巣がんは発症しにくく、
出産を経験していない人は卵巣がんにかかる可能性が上がる、
と考えられているようです。
なぜかというと、卵巣がんで最も多い表層上皮性腫瘍の発生には、
排卵のときに卵巣上皮が壊れることと、
その修復が関係していると考えられているからです。
出産を経験していない人は排卵回数がその分多いので、
卵巣がんになりやすいといわれているのです。
また、自分の家系に卵巣がんの人がいる女性では、
卵巣がんの発生するリスクが高くなります。

卵巣がんの初期は症状はありません。
進行してくると、下腹部に腫瘤が触れたり、圧迫感、
膀胱の圧迫により尿が近くなったり、腹水がたまってウエストが太くなったり、
腹部が張った感じがすることもありますが、
症状が出てからの卵巣がんはかなり進行したがんだと言えます。

初期症状のない卵巣がんの早期発見のためには郵送検診が有効です。
なぜなら、産婦人科での卵巣がんの検査も血液検査だからです。
産婦人科にいって検査をわざわざ受けるのはちょっと・・・と
思っている人にも郵送検診は最適です。


デメカル血液検査キット





どこでもで手軽に健康診断ができる、デメカルの検査キット。
コスト面や手軽さから、さまざまなニーズに対応しています。

・東京電力、大洋セメント、ニチバンなど、
 健康保険組合での主婦検診、フォローアップ。
・中小企業での主婦向け在宅検診、フォローアップ。

その他、自治体や健診関連の健康センター、ドラッグストアー、
スポーツクラブなどでも取り入れられています。
2006年6月に医療制度改革において糖尿病その他の政令で定める
生活習慣病に関する健康診査を保険者が実施することが義務づけられました。
2008年には完全義務化になります。
在宅健診「デメカル」の導入により健診未受診者対策ができます。



  
日本人の3分の1のかたが、ガンが原因で亡くなっています。
前立腺がんとは男性特有のガンで、
専業主婦の方には直接関係のない病気ではあります。
しかし、前立腺がんは年々増加傾向にあるのです。
あなたの大切な大切なだんな様の病気のこと、知っておいてください。


【前立腺がんとは】


前立腺がんとは、前立腺の腺細胞ががん化したものです。
前立腺がんの原因は特になく、普段出来ることは、一般的に
がんの予防法といわれているものをやってみるしかありません。
アメリカでは1991年以降すべてのガンの中で
前立腺ガンの死亡率がトップとなっており、
日本でも食生活のパターンが欧米化するにつれて患者が急増。
死亡率も20年前の3倍近くになっています。
前立腺がんの症状としては、排尿困難、夜間頻尿、尿意切迫感、
血尿などの尿路の症状がみられるようになります。
前立腺肥大症と前立腺がんは、発生の仕方も違いますし、
発生する部位も違うことが多いのですが、
排尿障害など似た症状が現れることがあり、
症状だけでは肥大症かがんかを区別することは出来ません。

前立腺がんは、初期には症状が全くありません。
10年前には転移のあるような進行した状態が多かったのですが、
最近は治癒の可能な早期癌の患者さんが増えています。
前立腺がんが、血液検査で簡単に早期発見できるようになったためです。
前立腺ガンの腫瘍マーカーとして知られるPSA(前立腺異抗原)を測定できるようになったからです。
前立腺がん(90%以上)では血液のPSAは高値を示します。
基準値は4ng/ml以下とします。
PSAが10ng/ml以上の場合は泌尿器科で前立腺生検を行い、
病理学的に診断します。
泌尿器科専門医でなく人間ドッグなどでも
測定する医療機関が増えてきました。


しかし、もっと簡単に、定期的に検査をするには
郵送検診が最も有効です。
郵送検診は、仕事で忙しく時間がないかたが自宅で簡単に行える検診です。
また、人間ドッグに行くより医療費が抑えられます。
前立腺がんは、早期発見さえされれば完治が可能な病気です。
45歳以上の方(男性)は毎年1回の定期検査をお勧めします。


デメカル血液検査キット





どこでもで手軽に健康診断ができる、デメカルの検査キット。
コスト面や手軽さから、さまざまなニーズに対応しています。

・東京電力、大洋セメント、ニチバンなど、
 健康保険組合での主婦検診、フォローアップ。
・中小企業での主婦向け在宅検診、フォローアップ。

その他、自治体や健診関連の健康センター、ドラッグストアー、
スポーツクラブなどでも取り入れられています。
2006年6月に医療制度改革において糖尿病その他の政令で定める
生活習慣病に関する健康診査を保険者が実施することが義務づけられました。
2008年には完全義務化になります。
在宅健診「デメカル」の導入により健診未受診者対策ができます。


  
【C型肝炎とは】
C型肝炎は『肝臓』の病気です。
肝炎になると、肝臓の細胞が壊れて肝臓の働きが悪くなります。
ほとんどの場合『慢性肝炎』になり、
放っておくとさらに進行して『肝硬変』を経て
高い確率で『肝臓ガン』になります。
慢性肝炎の状態では生命に危険がおきることはなく、
継続的な治療に時間をとられることをのぞけば
健康人と同じ生活が出来ますが、
肝臓ガンが発生したり、肝硬変が進行して肝不全を
引き起こしたりすると生命の危険がせまってきます。

肝臓は、重症化するまでは『自覚症状が現れない』
という特徴があります。
これは本来肝臓がもっている予備能力の高さに由来しています。
このことを正しく認識し、症状がなくても
きちんと検査をして病気を早く発見することが大切です。


【C型肝炎の原因・感染源】
C型肝炎はウイルスの感染によっておこります。
C型肝炎ウイルスは感染している人の『血液』が
他の人の血液内に入ることによって主として感染します。

●C型肝炎ウイルスが含まれている血液の輸血等を行った場合
●注射針、注射器を感染している人と共用した場合
●C型肝炎ウイルスに感染している人の血液が付着した針を
 誤って刺した場合(特に、病院などで働く人たちは注意が必要です。)
●C型肝炎ウイルスに感染している人に使用した器具を
 適切な消毒などを行わずにそのまま用いて、
 入れ墨やピアスをした場合
●C型肝炎ウイルスに感染している人と
 性行為を行った場合(ただし、まれ)
●C型肝炎ウイルスに感染している母親からの
 生まれた子供の場合(ただし、少ない)



C型肝炎の最大の特徴は、
『重症化するまでは自覚症状が現れない』ということです。
知らないうちに慢性化し、肝臓ガンが発生したり、
肝硬変が進行して肝不全を起こしたりしかねません。
しかし、特に気をつけなければいけないなのは
『一般の健康診断ではC型肝炎ウイルス検査項目が無い』
ということなのです。

C型肝炎ウイルスの検査方法は血液検査です。
けれど、たとえ会社の健康診断で血液検査をしていたとしても
C型肝炎ウイルスに感染しているかどうかはわからないのです。
だいたいにおいて、C型肝炎検査はオプションです。
健康診断で何も出なかったからと言って安心はできないのです。

郵送検診では慢性化による肝硬変や肝臓ガンを引き起こす
前の早期発見・早期治療に役立てることができます。

※現在、血液製剤を使用したと思われる医療機関が厚生労働省の
 HPより公開されています。
 そしてその中にはかなり多くの産婦人科の名前があるのです。
 出産経験者の方はご自分の産婦人科があるかどうかの確認をしてください。


デメカル血液検査キット





どこでもで手軽に健康診断ができる、デメカルの検査キット。
コスト面や手軽さから、さまざまなニーズに対応しています。

・東京電力、大洋セメント、ニチバンなど、
 健康保険組合での主婦検診、フォローアップ。
・中小企業での主婦向け在宅検診、フォローアップ。

その他、自治体や健診関連の健康センター、ドラッグストアー、
スポーツクラブなどでも取り入れられています。
2006年6月に医療制度改革において糖尿病その他の政令で定める
生活習慣病に関する健康診査を保険者が実施することが義務づけられました。
2008年には完全義務化になります。
在宅健診「デメカル」の導入により健診未受診者対策ができます。

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。